業務用ラーメンスープ・たれを中心にラーメン屋のみなさまを強力サポートいたします!
業務用ラーメンスープ開発工場のPB開発メリット
HOME > PB開発メリット

業務用ラーメンスープ開発工場のPB開発メリット

ラーメンスープを業務用でPB開発することで得られるメリットは『楽できる』だけではありません。味を再現したクオリティーの高いPB商品を使うことで、店舗経営自体にいくつもの大きなメリットが生まれます。 メリット1店舗展開が容易に
店でスープを炊く場合、複数の店舗で全く同じ味のラーメンを出すのは至難の技です。
スープを炊く技量のある職人が各店舗に必要になりますし、スープを炊くための設備を全店に整えて営業するのは設備投資も光熱費も必要です。
しかしPBのラーメンスープなら簡単なオペレーションで美味しいラーメンを提供することができるので、安定した店舗展開が可能!
人件費・光熱費・設備投資などを抑えながら同じ味のラーメンで多店舗展開できちゃいます。
メリット2味ブレがなくなる
ラーメンのスープの味は熟練の職人が炊いたとしても多かれ少なかれブレが生じるものです。
なので作り手が変われば味が変わったりブレ幅が大きくなるのは当然とも言えますが、お客様が求めているのは「いつもの味」。
この前と同じラーメンを食べたくてご来店されたお客様に満足してもらえなければ、客足も遠のいてしまいます。
PB商品は誰が作っても美味しい店の味を再現できるので、味ブレの心配がなくなります!
メリット3仕込みがらくらく!
ラーメンスープを店で炊くのにかかる時間は8時間以上。これを毎日繰り返すのは時間的にも体力的にもとても大変なことです。
PBのスープを開発して使うことでこの仕込みの8時間をお店ではなく工場で完了させることができます。
材料の仕入れ、下ごしらえ、炊く作業、掃除、洗い物…などの作業量も格段に少なくなり仕込みにかける時間も大幅に削減することが可能なんです!
開発段階で納得できるスープを作りますので心配なくラーメンを提供できます!
メリット4ビジネスの可能性アップ!
PBスープ・タレを使うことでラーメンビジネスとしての可能性が広がります。
例えば商業施設内への出店の場合、施設内でスープを炊く事に臭いの問題などからNGが出ることもありますが、PBスープを使えばそういった制限のある場所への出店も可能になるんです。
また、ラーメンイベントに出店する時にPBスープがあればかなり負担が軽減します。実際にラーメンイベントへの出店に際してPB商品の開発以来をされるお客様もいるんです。
メリット5経費削減につながる
PBスープを使うことで様々な費用にメリットが生まれます。仕込み時間が減ることで炊く人材の分の人件費・材料仕入れ・光熱費などを削減できちゃいます!
オペレーションが簡潔になることで営業時間内の人件費の削減も見込まれます。当日の客入りなどに合わせてスープの量を柔軟に増減できるのでロスが減り、ゴミの量も削減できるので廃棄にかかる費用も抑えることができるんです。
また、PBスープなら小さな厨房でラーメン開業も可能になります!