業務用ラーメンスープ・たれを中心にラーメン屋のみなさまを強力サポートいたします!
HOME > ラーメンスープをPB開発する5つのメリットとは?

ラーメンスープをPB開発する5つのメリットとは?

こんにちは!業務用ラーメンスープ開発工場スタッフです!
この記事をご覧になっているということは、そこそこ業務用ラーメンスープやたれのPB開発に興味をお持ちなんではないでしょうか。
そんなみなさまに今回は、業務用のPB開発のメリットをドドン!とご紹介させていただきます!
ちなみに

「そもそもPBってなに?食べれるの?なんなの?」

と胸中がザワザワしている方は↓の記事をまずは御覧くださいませ!

業務用ラーメンスープのPBって何?その疑問を解決!


業務用ラーメンスープのPB開発の方法


PB開発には興味あるけど、PB開発ってどうやるの?どういう流れなの?という疑問をよく聞きます。
そこで、簡単に流れをざっと説明していきます。

まずは、当たり前のことですが、お問い合わせくださいませ!こちら側から急に

「御店のスープとタレをPB化しませんか!?」

という飛び込み営業みたいなことはやっておりませんし、急に来ても「は?何いってんの?」となりますよね。
なので、基本的にはお問い合わせいただかないとPB開発は始まらないんです!

お問い合わせいただきましたら、担当営業がまずはお電話にて簡単に要望をヒアリングいたします。
そのヒアリングを元にPB開発は動き出します。
現在お店で作っているスープやタレの場合はサンプルをいただき、それを元に試作を進めていきます。
お店で作ってないけど、イメージがある場合は、そのイメージに合うように試作していきます。

試作ができましたら、サンプルをご提供します。このサンプルは郵送なのですが、弊社のテストキッチンで試食会という形で試すこともできます。
テストキッチンですと、実際にお会いしてあれこれとお話しながら試食できますので、第2弾の試作開発のスピードが早くなるため、テストキッチンまでお越しいただくことをオススメしております。

その後は

サンプル→試食→改良

という流れを納得いく味になるまで繰り返し、完成を迎えます。
完成に至るまでに、コストやロット数なども決めていき、味やコスト面などが問題なければ、契約を締結し、製造・出荷していくという流れになります。

PBでのオリジナルスープ開発は難しくない!


PB開発の流れを説明しましたが、いかがでしたでしょうか?

「何か何回もやり取りしてめんどくさそうだな…。」
「手間がすごい掛かりそうだな…」

と思うかもしれませんが、基本的にはお客様にやっていただくことは、
情報・サンプルの提供、試食ぐらいということになります。
お忙しくて時間が取れない場合は、担当営業が直接お店までサンプルを持っていき、お店で試して、そのまま打ち合わせということもできるので、ご安心ください。

そのため、意外と待ちの時間が多いので、お客様の手をわずらわせる工程はすごく少ないんです!
少しお時間をいただく分、もちろん手間は増えてしまうのですが、その少しの手間で得られるメリットがたくさんあるんです!
次はついに本題のPB開発のメリットについてご説明しちゃいます!

PB開発するメリットとは?


メリットがないとやる意味ないですから、PB開発にはいくつものメリットが存在します!
そんなメリットをいくつかご紹介します!

オリジナルの味が作れる

まず、PBの良いところは好きな味を作ることができる!ということです。
自分のお店の味、目標とする味というように自分のイメージしている味を作り出すことができるんです。
自分のお店で炊いているガラスープのPB化、作っているタレのPB化はもちろん、業務用のラーメンスープを使っている場合、その味がイメージと違うからそれをこんな感じに改良したい、そんなこともできちゃうんです!

何度もやり取りを重ねてついにイメージに合致する味ができた時の達成感は素晴らしいものです。
ぜひ一緒にその達成感を味わいたいので、お気軽にお問い合わせくださいね!

細かいところまでこだわれる

味作りの一貫ではなるのですが、かなり細かいところまで追求できちゃうんです。
味のことなので、

「もうちょっとパンチが欲しい」
「あと少しまろやかさが欲しい」

というように、どうしても伝え方が抽象的になってしまいます。
ですが、その抽象的なものをどうにかこうにか形に変えることができるんです!
その「あと少し!」がご依頼者の満足に繋がりますし、最終的にはお店で食べてくれる方々の「美味しかった!」に繋がるので、あと少しを叶えられるように、味作りに全力で取り組んでいます!

オペレーションが簡単に

スープやタレや油を自作していると、どうしてもそのための人が必要になり、修行が必要となったり、人手が必要となってしまいますよね。
シフト管理が大変なのはもちろんのこと、ラーメンスープなどを作る職人さんが中々休みが取れない…ということも起こってしまいます。
PB開発をすると、スープなどの仕込みが必要なくなるので、職人を育てる手間がなくなり、人手も少なくて済むようになり、シフト管理も簡単になるんです!
スープなどの仕込みが不要になることで、オペレーションもだいぶ簡略化することができます。
今まで、炊いているスープの確認に取られていた時間、他の業務に集中することができるので、自分の持ち場を離れなくて良いので、仕事がしやすくなるということに繋がるんです!

また、店長さまやオーナーさまが自らスープなどを作っている場合、その時間が空くことになるで、店舗展開や、人材育成などの経営に必要な時間を多く取れるようになり、お店としての成長速度を早めるという効果も期待できます!

他にも業務用ラーメンスープやタレのPB開発のメリットがありますので、↓のページも御覧くださいませ!

PB開発メリット

担当スタッフと二人三脚!


PB開発では弊社の担当スタッフと何度も打ち合わせを重ねることになりますので、言いづらいことでも言えるような関係になることが重要になってきます。
そのためには、PB開発のことだけでなく、お店の経営のお悩みやプライベートのお悩みなんでもご相談ください!できる限り親身に相談に乗らせていただきます!

お客様と担当スタッフの二人三脚でPB開発は進んでいきますので、少しでもお客様に寄り添えるよう努力しておりますので、一緒に納得のいくPB開発をしていきましょう!
まずは、お気軽にお問い合わせくださいませ!